ダイビングと健康・安全

ダイビングを安全に楽しんでいただくために

65歳以上の方はダイビングに参加する際には、安全管理上、病歴の確認書と医師の診断書のご提出をお願いしております。
また、現在・過去に以下の病気にかかったことのある方は医師の診断書がないとダイビングを許可できない場合があります。
風邪・肺炎・喘息・鼻炎・副鼻腔炎・蓄膿症・気管支炎・中耳炎・外耳炎・腰痛ヘルニア・心臓病・高血圧・精神的、心理的な問題・激しい乗り物酔い
この他にも、なんらかの病気にかかっている、またはかかったことのある方は、PADI病歴/診断書を確認・記入の上、医師の診断と署名をもらい持参してください。

PADI病歴診断書の確認

ダイビング事故で最も多いのが、潜水中のストレスがきっかけで起こる病気の発作です。
これには本人の自覚症状がない病気も含まれます。
ゼログラビティマウイでは安全ダイビングの為、ライセンス取得時だけではなく、ファンダイビングを含む各コース開催時に必ず病気に関する質問票にお答えいただいております。

PADI病歴/診断書の1ページ目を確認し、該当するものがないかを確認してください。
「Yes」の項目が1つでもある場合は、2ページ目の医師記入欄(黄色部分)に所見と署名をいただくために、病院での診察を受けてください。

現地到着後にYesの項目を発見した場合は、診断の為、1日ダイビングができなくなることがあります。

安全潜水標準実施要項了解声明書

 
 
ライセンス取得コースで、スキューバダイビングを安全に行うために必要な手順やルールを知っていただくためのものです。
また、レベルアップコースでも安全なダイビングの為に再度確認していただきます